2016/04/28

第22回文学フリマ東京について

5月1日に開催される第22回文学フリマ東京にて、参加している詩誌が販売されるのでお知らせいたします。

■Poe-Zine『CMYK』vol.5「White.」 700円
亜久津歩・草間小鳥子・中家菜津子・黒崎立体の4人で作る同人誌の新刊です。
限定20部の販売なので、お早めのご購入をおすすめいたします。
http://cmyk-blog.blogspot.jp/2016/04/cmyk-vol5white.html

■アンソロジー詩集『現代詩100周年』 2000円
昨年秋にTOLTAより発行され、とても話題になった現代詩のアンソロジーです。
在庫が少なくなってきているそうです。お早めのご購入をおすすめいたします。
https://c.bunfree.net/p/tokyo22/3865

CMYKの新刊と『現代詩100周年』はともにTOLTAのブースで販売されます。ブース番号は【ツ-37・38】です。
今回、TOLTAのブースで何かを買うと特典が受け取れるそうです。お得ですね。
どうぞよろしくお願いいたします。


■第22回文学フリマ東京
開催日 2016年5月1日(日)
開催時間 11:00~17:00
会場 東京流通センター 第一展示場
※これまで開催してきた「第二展示場」とは同じ敷地内の別棟となります。
アクセス 東京モノレール「流通センター駅」徒歩2分

2016/04/04

食器と食パンとペン

わー! ありがとうございます! めちゃ嬉しい!


「みんなのしあわせ」
http://syokupantopen.jugem.jp/?eid=2200
馬かな? と思ってよく見ると角のように桜の枝が生えていて、一角獣 でもなく、さくらのけものだなあ
と考えていました。こんなふうに、絵を見ながら想像をめぐらせるのはとても楽しいです。

この短歌は「うたらばブログパーツ短歌」で採用してもらって、
さらに表紙フォト短歌にも選んでもらった思い出の短歌なのです!
http://blog.kazahana.main.jp/?eid=194
食器と食パンとペンでも絵を描いてもらえるなんて…… 思い出がさらに増えました!
安福さんなんども本当にありがとうございます。私の「食器と食パンとペンと立体」フォルダが喜んでいます。

たぶん桜の時期なので桜の短歌を選んでおられるのだろうな、
と考えていた翌日(4月3日)に食器と食パンとペンのTwitterで読んだ檀可南子さんの短歌がめちゃ素敵でした。

思い出を捏造したくなるような桜吹雪に一人で立って(檀可南子)



食器と食パンとペン
blog
Twitter